宝塚歌劇団 雪組

宝塚歌劇団を退団するということ




こんにちは!

あおてんです●´∀`)ノ♪

 

雪組CH大劇場千秋楽、観劇できました!

 

ファイヤーフィーバーの熱い夏からすっかり秋の気配を感じる季節になりました。

 

先日幸せな事に雪組シティーハンターの千秋楽のチケットが手に入り、
配信を見る予定でしたが急遽大劇場へ。

 

お芝居はさらに良くなっていて、咲ちゃんの冴羽獠はもう冴羽獠にしか見えなかったし
希和ちゃんの初日の香を演じようという気負いがなくなり
すごく自然な香になっていたのでびっくりしました!
1秒たりとも無駄にしない希和ちゃんの向上心を感じることが出来た瞬間でした。

 

他の出演者の皆さんも下級生のひとりひとりまで
役の中に息づいいているのを感じました。
もちろん大好きなるい君の北尾の悪い男感も増してました!

 

今回の公演で一番感動したのがたっちー教授の場面

「毒も薬に変われば人も変わる。
ワシももう一ハッスル咲かせてみようかのう!」

の後の客席からの大きな拍手でした(涙)

 

たっちーは雪組のスパイス的存在だと思っていて
ここにはたっちーでしょうという場面で期待通りのお芝居をしてくれる男役さんでした。

 

次のお芝居に居ないと思うと本当に寂しいです。

 

宝塚歌劇団を退団するということ

 

毎年、難関を乗り越えて新しいジェンヌさんが音楽学校に入学し
2年間、努力、切磋琢磨し40人あまりの生徒さんが初舞台を踏むことになります。

必然的に卒業されて行く生徒さんもいらっしゃるというのが現実ですね。

 

卒業を決意される生徒さんのタイミングや思いはそれぞれだと思います。
私には想像することしかできませんが。。。

 

幼い頃、宝塚の舞台をみて、私もいつかこの舞台に立とうと決意し入団した方。
何気なく観劇したことがきっかけで衝撃を受け絶対にこの舞台に立ちたいと憧れて入団した方。
お稽古先の先生に勧められ受験をし、見事勝ち取り入団した方。
と入団の形も様々なら卒業を決められる瞬間もきっと様々でしょう。

 

全てをやり切ったとの思いで卒業される方。
在団中に新しい道を見つけ新たな挑戦を始める方。
もしかしたら可愛いお嫁さんになられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも私がこの目で見ることが出来た皆さんは本当にキラキラして
大階段を一段づつ大事に大事に、全ての思い出を噛み締めるように
降りているように映り胸がいっぱいになりました。

 

今回、ご卒業されるのは
望月篤乃くん汐聖風美くん星南のぞみさん華蓮エミリさん橘幸くん沙月愛奈さんの6名

 

上級生から下級生までいらっしゃいますが、ここからは皆さん共通の想いだと思います。

 

たくさんの苦労や壁を乗り越えてこられたこと。
でも卒業を決められて立つ今日の舞台はそれら全てを消してしまうくらい幸せと思えること。
そしてそれが先生方、スタッフの方々、家族、雪組子の存在があったからといううこと。

 

そして皆さんが目を潤ませ、言葉につまりながらも
今は近くで会うことは叶わないけどお手紙や観劇で応援し支えてくれたファンの皆様のおかげです
言ってくれたことは私の心にストレートに届き、涙を堪えきれませんでした。

 

まだこれから東京公演もあります。
さらにブラッシュアップされた雪組さんを見届け、
千秋楽のその日まで応援したいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ではまた〜(๑ت๑)ノ

 

スポンサー

ポチッとしていただけたら励みになります↓

-宝塚歌劇団, 雪組

Copyright© あおてんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.