宝塚歌劇団

宝塚のファンクラブってどうなってるの?って思ったことありませんか?




こんにちは!

あおてんです●´∀`)ノ♪

 

最近、このジェンヌさん素敵!

もっといろんなこと知りたいなぁ~

素顔のジェンヌさんと触れ合いたいなぁ~ なんて思ったことありませんか?

ファンクラブに入れば、そんな夢も叶うかもしれませんね。

でもどうやってはいるの?

ちょっと構えちゃう!

なんて思っている方の少しでも参考になればと思います。という私もまだおふたりしか経験していないので、ほんの少しだけですけど(汗)

 

 

宝塚のファンクラブは公式ではありません。

宝塚歌劇団には友の会という公式な会があります。

こちらは全組のチケットが申し込めたり、情報を知ることができます。

私はまずこちらに入会しました。

年会費は2,500円(WEB会員は1,500円)かかります。

ステイタスというのがあって、簡単にいうとランクですね。これが上がるとチケ難といわれるチケットが当選しやすくなるみたいです。
*ステイタスについては公式サイトからご確認頂けると幸いです。

そのほかに、各組の公演紹介、日程なども詳しく知ることができます。

 

ジェンヌさんのファンクラブは私設の「会」になります。

男役さんはある程度の学年になり、人気もそれなりに出てくると、「会」が出来ます。
*娘役さんはトップ娘役さんだけが会を持てます。

代表さんと呼ばれる方が中心となり、ジェンヌさんの身の回りのお世話をしてくださっています。

会に入ると、チケットの取次、お茶会、公演時の入り出待ちの案内などを受けることが出来ます。

1 会費、会服

それぞれの会によって異なると思います。上級生になればそれなりにお高くなっていきますね。主に身の回りの必需品、差し入れ、会場費、印刷物などに当てられると思われます。

公演毎に会服と呼ばれるものが作られます。羽織りものであったり、ストール、マフラーなどいろいろです。

2 チケットのお取次

チケ難の公演など、すべてではないですが取り次いでもらえるので、これは大きなメリットですね。

会総見というのがあって会員が同じ座席位置で同じものを身につけて(会服)観劇できるので舞台から、ご贔屓さんが見つけやすく、視線をくれるのも嬉しいですね。

3 お茶会

公演中に一回、それぞれの会が会場を借りてお茶会を開催します。

下級生は劇場から少し離れた場所であったり、会場がこじんまりしていますが、それだけジェンヌさんに近く、初々しい素顔を拝見することができます。研7までの生徒さんは新人公演のお話なども聞けるかもしれませんね。

トップさんになると宝塚ホテルや、東京プリンスホテルなど一流の会場で多い時は1000人以上になりますね。

内容はそれぞれで、公演のお話や、オフの時のお話、お歌を歌ってくださるジェンヌさんもいらっしゃるようです。ルールとして内容の公表は禁止されています。

それだけに参加出来た喜びは大きいですね。

ファン同士の交流もできるので、同じ想いを熱く語れる場所でもありますね。

*まだ「会」が出来ていない下級生でもお茶飲み会といううのが
開催されているので、要チェックですね!

4 入り出待ち

公演ごとにジェンヌさんのお迎え(入り待ち)とお見送り(出待ち)ができます。

昔は自由に楽屋口で待ったり、写真を撮ったりできたそうですが、今は人数も増え、マナーを守らない方もしばしばでファンがガードという形で並ぶようになったようです←ヅカ歴の長い友人談(笑)

話は少しそれました。

この入り出待ちでお話を聞けたり、お手紙を直接お渡しできたり、逆にお写真を頂けたりします。幸せなひと時ですね。

その代わり、むやみに写真を撮ったりはできません。

そして皆さん、ちゃ~んと、お約束を守ってジェンヌさんにご迷惑をかけないようにしていて素晴らしいですね。

 

以上が私がご紹介できるファンクラブについて!でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ではまた〜(๑ت๑)ノ

スポンサー

ポチッとしていただけたら励みになります↓

-宝塚歌劇団

Copyright© あおてんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.