雪組

今一番熱い男役!眞ノ宮るい




こんにちは!

あおてんです●´∀`)ノ♪

 

バウ公演『パッション・ダムール-愛と夢-』

全20公演、無事に熱く熱く幕を閉じました。

 

そして今回その中でも一番熱い男役として注目されたのは
雪組眞ノ宮るい君ではないでしょうか?

私はちぎちゃん(早霧せいなさん)の退団公演「幕末太陽傳」で
るい君と運命的な出会いをしました←ほんと!

 

今回のパッションダムールかちゃ様はもちろん雪組の選抜メンバーは皆さん、
本当に素晴らしかったのですが、ここではるい君だけについて熱く語らせて下さい。

 

私もるい君注目してるよ〜、るい君大好きよ〜という方、
お付き合い頂けたら嬉しいです。
そうでない方もここでるい君の魅力を知って頂けたら幸いです。

 

 

自粛中の変化

 

今までどちらかというと眞ノ宮君て可愛い♡
という評判が多かったのですが、
今回、この自粛期間中にいったい何があったの?
と思うくらいカッコいい男役に成長していました。

 

細かく検証していきたいと思います。←立ち位置笑

あくまでも私の個人的見解なのでご理解下さい。

 

プロローグパッション・ダムール

 

かちゃさんが真ん中でバーンとライトを浴びて真っ赤なお衣装で登場!
もうこれだけでオォーとなるのですが
そこから真っ赤なターバンを巻いた男役さんたちがどっとなだれこみ、
愛している!愛している!と迫り来ます!

 

るい君はかちゃさんのお隣で舞い踊る。
眉間にシワを寄せ片方の口角を上げたワルい笑み。
いつからこんな顔を覚えたのでしょう。
クラクラします。
そしてこんなにターバンの似合う方を見たのは
ちぎちゃんのラ!以来でしょうか?

 

一度捌けるも、娘役さんの渦の中へ飛び込み
りさちゃんの腕を力強く引き寄せ自分の腕の中へ!
もうパッションの嵐です。

 

ガウチョの場面 アディオスパンパミーア

 

しゃんたんとみちちゃんのおふたりのスペインのお歌から始まり
(みちちゃんのウィンクが可愛い)ひとりたたずむかちゃ様。
初めて着たとは思えないガウチョの美しい後ろ姿。

 

そこへ静かに加わるあがた君とるい君。
3人の美しいシルエットにうっとり。

音もなく、高く振り上げられる足。ステップ。そりかえる体。
なんと美しいのでしょう。

 

一変して娘役さん達がスカートを翻し激しく踊る。
躍動感があって素敵!ここでもるい君のお相手はりさちゃん。
帽子を外し、りさちゃんを抱き寄せ、キス。
一禾くんの壮大な歌の後ろで腰を下ろすりさちゃんをバックハグ。
胸元に手を伸ばし首元に顔を寄せる。あー(ため息)

 

りさちゃんから鞭を受け取り、
かちゃ様へ鞭を渡す時はなんだか
素のるい君が出て毎回嬉しそうでした(内緒)

 

そこから激しい鞭捌き!
かちゃ様曰く、最初はガウチョのパンツを捌くのも大変で
みんなでモグラ叩きのようになっていたそうですが、
雪組MRの唯一ガウチョ経験者の翼君に教わって本番ではバッチリ!

それどころか、皆さん鞭の使い手になっていたそうです!
中々宝塚の舞台では見られない貴重なお姿。
これがまたカッコいいんですわ♡

 

そこからのリフトも美しかったなぁ。

 

ルポアゾンーbad power

 

あがた君のあやしいりんごの場面から始まる。

 

暗転からのかちゃ様のピンスポット!
細身のスーツ姿のシルエットが浮かび上がる。
サスペンダーの男たちが佇む。
ライトが当たると一気にオラオラなダンスが始まります。
会場から湧き上がる手拍子!もう息もつかせぬダンス。
かちゃ様曰く、宝塚の男役だったら誰でも一度は踊りたい、
ザ・タカラヅカなナンバーだそうです。
まさに観る側もこれこれ!これが観たかったってなります。

 

るい君は前髪を振り乱し、
不敵な笑みを浮かべしかもスタイリッシュに踊ります。
もうヒューヒューだぞ←いつの人?

 

中盤はちぎちゃんのクールリズムを思い出す場面が!
かちゃ様の周りをサスペンダーな男たちが走り囲む!
そして佳境に!
テンポがどんどんアップしてハッ!という掛け声と共に
同じ振りを4回繰り返す。

この時点で私は息が絶え絶えとなる(踊ってないのに)
るい君、踊りが大きくて、ステージ足りません。
3回目、4回目カーテンの中に消えますww
るい君の身体能力凄すぎます。
あれだけ踊っているのに音の切れ目のポーズは全てビシバシ決まる。

どこを切り取っても素晴らしいスチールが出来上がるはずです。
キャトルに並びますように!

 

All by myself

 

かちゃ様が宝塚のこれまでを振り返り、
熱い思いが込み上げて来るという名曲に乗せて。
しかも真っ白な燕尾に
同期のだいもんからもらったというカフスと共に
歌うこの曲は珠玉の一曲。

 

そこへあがた君と
ミューサロメンバーだったるい君、
一禾くん、しゃんたんが加わり、心を込めたハーモニー。

 

胸に込み上げて来るものがあります。
るい君ワンフレーズだけなのですが、
ものすごく良い声で「この手に〜♪」
そこからは私にはずっとるい君の声が聞こえてます。

 

ダンディズムーハードボイルド

 

2幕の幕が開くとぼんやりと映し出させるふたりのシルエット。
対照的な白と黒はるい君とあがた君そのもの。
シャープで繊細な白のるい君と骨太でザ男の黒のあがた君。

大人なタンゴのリズムにスローなステップが妖しく、
見つめ合うふたりの横顔は美しすぎます。

 

そして後半の激しいダンス。
かちゃ様が、これぞ宝塚男役が誰しも憧れるという
肩入れダンスからの腰振り。
もうセクシーすぎるでしょう。
見ている私は心臓がハクハクしっぱなしです。
そこからはかちゃ様を挟んで3人の激しいけど、男くさいダンス。

黒のスーツの男役さん達もとってもダンディで素敵です。

ここでもあの半分口角上げた悪い顔。誘いすぎでしょ♡

 

GOLDEN DAYS

 

るい君、さっきまであんなにオラオラ言ってたのに?
同じ人ですか?っていうくらい爽やか士官。
ライトブルーの軍服はベルばらの近衛隊のように麗しく
岡田先生のおっしゃる、清潔、上品そのもの。
るい君の元々の品のあるお顔にしっくりときます。

まさに真っ白な軍服が眩しいかちゃ様と
エレガントなお姫様たちを見守る若き士官達でした。

 

愛のボレロ

 

ステージ真ん中に現れたかちゃ様、
一気に重厚な雰囲気に。
ちぎちゃんが退団公演、ベサメムーチョで着てた黒燕尾。
懐かしさと美しさに胸が熱くなりました。
娘役さんが加わり、華やかに。

余談ですがトークで愛陽みちちゃんが
形に囚われすぎていた私に
かちゃさんが心のままに踊ったらいいよと言ってくださって
何も考えずその時の感情のままで踊ったら、
先生から褒めて頂けたという話を思い出しました。
本当に優しい顔で踊ってました。

 

そこに男役さん達が順番に加わります。
古き良き時代の黒燕尾の振付。
めちゃくちゃ美しいです。
静かな中にカン!と靴を鳴らす音が響く。

そしていつもるい君の燕尾ダンスは
頭の先から指先、足先まで研ぎ澄まされ、本当に綺麗。
これぞ宝塚!これぞ男役!の愛のボレロでした。

 

最後はかちゃ様のお話から、雪っ子たちのお話に
毎回、笑ったり、涙したり、微笑ましかったりと
温かい時間が流れました。

 

るい君のトークは4回。

高校の部活で大好きなbad powerのかちゃさんのお役を踊ったこと、

一生踊っていたいと思うほど、大好きな公演だったこと、

100回のお稽古より一回の舞台(かちゃ様の言葉)を実感できたこと、

かちゃさんからもらった愛と感謝で幸せすぎる公演だったこと、

ハードボイルドな男役を目指して攻めて行こうと誓った事。

などなど。

どれも真っ直ぐでるい君のピュアなお人柄が出ていたトークでした。

 

皆さんのいろんなお話のあとに聞く「さよならグッバイ」は格別でした。

 

最後は黒燕尾でのパッションダムール、
心の隅々まで幸せで満たされた公演でした。

長〜い、文章、最後までお付き合いありがとうございました。

 

これからも眞ノ宮るい君、応援し続けます。

たくさんの方と一緒に応援出来たら嬉しいです。

 

 

他にもるい君への愛を呟いてます♡

こちらも読んで頂けたら嬉しいです!

 

ではまた〜(๑ت๑)ノ

スポンサー

ポチッとしていただけたら励みになります↓

-雪組
-

Copyright© あおてんブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.